雨雲と林とトルネード

じめじめした月曜の夕方は目を閉じて

さあ、「船乗り」のことを考えてみないかい?さほど頭を抱え込む事って無い気がするんだ、「豚汁」の特色って。
  • HOME

湿気の多い月曜の日没はビールを

スタートさせたら、仕上がるまでに時間がかかるものは、日本中に数多くある。
代名詞は、外国語だと思っている。
と感じていたが、韓国語だけは例外ともいえるようで、日本語と語順が同じ、実は日本語にない音が少ないので、身に付きやすいらしい。
しっかり韓国語を学んでいた友達は、英語より確実に学びやすいのでお勧めだよとのこと。
少しだけ憧れたけれどあの韓国語の文字はお絵かきにしか見れない。

目を閉じて自転車をこぐあいつとオレ
今年は、泳ぎに行っていないが、家族で非常に行きたい。
現在、子が2歳になったばかりなので、砂浜で遊ばせる程度だが、絶対おもしろがってくれるだろう。
ですが、子供は、パンパースをはいているから、遊んでいる人の事を思ったら海に入れない方がいいと思う。
プール用オムツもあるが、嫌な人もいて問題になっているらしいので。

騒がしく熱弁する友人と電子レンジ

普段、EくんがくれるE−MAILの文章は、何が話したいのかほとんど分からない。
お酒が入ってても飲んでなくてもほとんど分からない。
だけど、E君が会社で作成したという、商品とおすすめに関する紹介文を見せてもらった。
ちゃんとした文章を書けるじゃん!と感心した。

どしゃ降りの祝日の日没は微笑んで
富士には月見草がよく似合うという有名な名言を表したのは小説家の太宰だ。
太宰はバスに乗り、御坂を通り、現在の甲府まで行く途中だった。
同じバスでたまたま一緒に乗ったお婆さんが「月見草」と独り言を言う。
それに、振り返った太宰治の目に入ったのが月見草、と、名峰富士だ。
富岳百景の一部のこの部分は、日本一の名山を話すときに欠かせないと思う。
たくさんの文芸に登場する、3776mの名山だ。
どの場所から見てもおんなじように整った形をしているために、八面玲瓏と言うワードがぴったりだと口にされる。
納得だ。
私が特に好きなのは、中央高速道路から見る富士山だ。

気持ち良さそうに踊る友達と壊れた自動販売機

江國香織の文庫本に登場する主人公は、なんとなく狂気に満ちている。
話に出せば、落下する夕方の華子。
他にも、がらくたの柊子。
あとは、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國さんの持っている性質を、極端に表した形なのだろうか。
一番クレイジーだと思うのが、神様のボートの葉子だ。
もしかすると迎えに来るかもしれないあのひとのために、逗子や草加に引っ越す。
恋人を絶対に忘れないよう、必ず会えると思い込んで。
しまいに「ママは現実を生きていない」と、娘に言われるが、彼女にはいまいちよく理解されない。
この部分が、このストーリーの最もクレイジーな見せ場だ。
個人的には、ウエハースの椅子には簡単に座れないけれど神様のボートには乗れる。
江國香織さんの書く、クレイジーだけど可愛くて少々病んだ女性たちが大好きだ。

気分良く話す彼と冷たい雨
じっと見てしまうくらい美人さんに会ったことがありますか?
実は一度だけ見かけました。
電車の中で同い年くらいの女性。
女の私ですが、ドキドキしてしまいました。
どれくらいスキンケアをしているか、という自分の努力もあると思います。
しかし、内面から出てくるオーラはおそらく存在しますよね。
本当に素敵な人が多くいらっしゃるんだなーと思いました。

蒸し暑い大安の深夜は座ったままで

個人のほとんどは水という研究もありますので、水分摂取は人の基礎です。
水の摂取を欠かすことなく、皆が活発で楽しい夏を満喫したいものです。
輝く強い日差しの中より蝉の鳴き声が耳に届くこの頃、いつもは外出しないという方も外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策に関してマメな方が多いかもしれません。
夏のお肌のお手入れは夏が過ぎた時に表れるといいますので、やっぱり気になってしまう部分かもしれません。
もう一つ、誰もが気を使っているのが水分摂取に関してです。
もちろん、いつも水の飲みすぎは、あまり良くないものの、暑い時期ばかりはちょっと例外の可能性もあります。
なぜなら、たくさん汗をかいて、気付かない間に体から水分が出ていくからです。
外に出るときの自分自身の具合も影響するかもしれません。
ともすると、自身で気付かない間に軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑さ真っ只中の水分補給は、次の瞬間の体に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
短時間だけ外へ出る時も、ちっちゃいもので充分なので、水筒があったらとっても経済的です。
個人のほとんどは水という研究もありますので、水分摂取は人の基礎です。
水の摂取を欠かすことなく、皆が活発で楽しい夏を満喫したいものです。

ぽかぽかした日曜の朝は冷酒を
無関心だったけれど、運動もほんの少しでも取り組まなくてはとこのごろ思った。
職務が変わってから、ここ最近、走ることがとても減り、体脂肪率がすごく上がった。
あと、30歳になったのも関係しているかもしれないけれど、横腹にぶよぶよと脂肪がついてきて、たいそう見苦しい。
わずかでも、意識しないとやばい。

雲の無い週末の深夜に散歩を

挨拶用でいくつかスーツに合うYシャツを所持しているけれど、絶対選ぶ時に何枚も試着してしまう。
それくらい、ワイシャツに執着するのも変わっているかと感じていた。
そんなときに、前回の仕事で、ワイシャツはオーダーメイドしてもらうと、こだわっていた方がいたので、心外だった。
もちろん、シャツ一枚でスタイルが良く見えるので、いいかもと感じた。

凍えそうな仏滅の夕暮れはビールを
若いころにかなり肥えていた時期に、毎回欠かせなかったのが、ハニートーストだ。
ピークの時は、夜ごはんの終わりに4枚くらい食べた時期もあった。
さらに同時に、ポテトサラダにはまってしまい、肥満体型の世界へワープだった私。
頑張った痩身法が変なのばかりだ。
例を挙げると、スープダイエット。
これは2週間程同じ材料で作られたスープのみのダイエットだ。
出先にも水筒に入れて持ち運んだという徹底さ。
その次はこんにゃくを夕飯に置き換えるという痩身法。
さすがに、今の自分にはできない。
その後、3年ほどで食事を変えると、するすると元の体型に。
なんでも地道にやるのがベスト。

Copyright (C) 2015 雨雲と林とトルネード All Rights Reserved.

Page Top